お店での態度

キャバ嬢に絶対嫌われるお客さんはこんな人!44の例とリアルな話

普段ニコニコと楽しそうに接客してくれるキャバ嬢ですが、お客さんに対してイライラすることや腹が立つことだって当然ありますし、人間なのでもちろんお客さんに対する好き嫌いもあるでしょう

そこで今回は、スカウトマンの僕が実際にキャバ嬢に聞いた『こんなキャバクラのお客さんは嫌だ!』というのを記事にしてみました

かなり具体的な例を挙げているので、今後キャバクラに遊びに行く際や、キャバ嬢に惚れてしまった時の参考にして頂ければと思います

まずは今までにキャバ嬢に聞いてきた、嫌いなお客さんの具体的な例を挙げてみました

実際に書いてみたら44もあったので、とりあえず並べてみました

▼キャバ嬢を口説くための最強教材▼

キャバ嬢を口説くならこれ!

キャバ嬢が嫌いなお客さんはどんな人なのか?

キャバ嬢に聞いた嫌なお客さん

■ 男性スタッフに『お金がこれだけしかないから安くして』とか『なんとかこの値段内で収めて』とかお願いしてるケチケチした人

■ 別のテーブルのキャバ嬢にイチイチ絡む人

■ 団体で騒ぎながら入店してくる人たち

■ 店内で電話で大声で怒っている人

■ 酔っ払ってフラフラしながらお店に入ってくる人

■ やくざ映画に出てくるようなガラの悪い服装の人

■ ヨレヨレのスーツやしわくちゃのワイシャツの人

■ 会社の仲間で来てキャバ嬢放置で仕事の話ばかりする人達

■ 小物のくせにビッグマウス

■ とにかく上から目線な人

■ いきなり『お前』とか言ってくる奴

■ しつこく彼氏いるの?って聞いてくる人

■ おっぱいと太ももが大好きって話を熱弁する人

■ コンプレックスを平気で突いてくる人(胸小さい、足太いとか)

■ 自慢話大好き男

■ 他人の悪口ばっかり言ってる人

■ 下ネタや店外に誘う話ばっかりする人

■ 『やらせて』ばっかりいう人

■ とりあえずキャバ嬢を見下している人

■ 酔っ払ってお店や他のお客さんに迷惑をかける人

■ ベロベロになるまで飲んで酔い過ぎて訳が解らなくなる人

■ 指名が他のお客さんと被ったときにごちゃごちゃ言ってくる人

■ ベタベタ触ってくる人

■ やたらとお会計金額を気にしている人

■ 見栄っ張り

■ 金持ってます自慢する人

■ 少し優しくしただけで『俺の事好きなんだ』っていう勘違いをする人

■ 彼氏ヅラする人

■ 初回でいきなりお持ち帰りする気満開の人

■ 昔の悪かった自慢をかっこいいと思ってる人

■ 営業トークで褒めたのにすぐ勘違いする面倒くさい人

■ 店でお金さえ使えばモテると思ってる人

■ お金より人間性が大事だという事を解っていない人

■ 絵文字やスタンプだらけのLINEを送ってくる人

■ LINEの内容が下ネタ全開の人

■ LINEの返信をせかす人

■ 甘えた系の気持ち悪いLINE

■ 『休みの日に外で会おうよ』というしつこいLINEや電話

■ お店に行くかわりに何か条件をつけてくる人

■ とにかく質問攻めしてくる人

■ 俺の事好き?みたいなLINEを送ってくる人

■ まだ1・2回くらいしかお店で会ってないのに超真剣に告白してくる人

■ とにかく2人で会おうと必死な人

■ 何故か自分は特別だと思い込んでる人

キャバ嬢に嫌われる男性には共通点がある

キャバ嬢にとって、こんなお客さんが来たら嫌だな…テーブルに付きたくないなと思う男性の代表的なタイプは、不潔な人、暗い人、愚痴や説教じみた人、自慢話が好きな人、ケチな人。この辺りは鉄板ですね

不潔な人、暗い人、愚痴や説教じみた人、自慢話が好きな人とうのは当たり前すぎるのでここで詳細は語りませんが、キャバクラのお客さんでケチな人というのはキャバ嬢からの好感度的にはかなり致命的です

■ 店前のキャッチや店長にしつこいくらい値引き交渉をする

■ サービス料金に含まれているボトル以外、絶対に飲まない・飲ませない

■ スタッフが延長の有無を聞きに来るたびに、時間ではなくお金の事ばかり心配してる

キャバクラでのケチなお客さんの話としては、例えばこのような話はキャバ嬢によく聞きますね。キャバ嬢目線で見ているとこのようなお客さんは情けない男に見えるみたいです

あと、それなりに人気のキャバ嬢に惚れている場合、いくら指名しているとはいえ、人気の子だと指名が他のお客さんと店内でかぶってしまうことも当たり前のようにあります

そうなるとお気に入りのキャバ嬢は頻繁に自分のテーブルから離れてしまい、他の指名客のテーブルを廻り、自分の元には中々帰ってきません

その間、ヘルプの別のキャバ嬢が席に着くわくですが、そのヘルプのキャバ嬢がドリンクをお願いしても、お前は関係ないからという態度で拒否したり、せっかくお金払って指名してるのに、なんで自分のテーブルからこんなに長く離れてるんだと、男性スタッフや指名のキャバ嬢にブツブツ文句を言ったり

実際こんなお客さん、よくいるそうです

酷い人になると、お前がいない間に他の女にドリンク飲ませるのもったいないし、指名してもずっと着いてくれないなら、もう行かないとLINEをしてくるお客さんもいるみたいで…

このようにケチに加えて更にネチネチとしたお客さんは本当にヤバイです

キャバクラはそういう所だと割り切って遊ばないと、キャバ嬢を口説くなんて夢のまた夢で終わってしまいます

気前よくどんどんドリンクを飲ませまくる必要はありませんが、せめて一杯くらい笑顔でヘルプにも飲ませてあげるだけで、好感度は雲泥の差です

ヘルプのキャバ嬢に愛想よく接する事で、本命のキャバ嬢にいい情報が伝わることもありますからね

ヘルプのキャバ嬢も本命のキャバ嬢と同じように分け隔てなく接してあげる事も、本命を口説く事に少なからず影響してくる事は是非覚えておいてください

お触りしながら飲みたい人はキャバクラじゃなくセクキャバへ

あと、僕がキャバ嬢からよく聞く嫌なお客さんの代表例は、ベタベタと触ってくるお客さんですね

せっかく最初はいい感じだったのに、これをしてしまうことで台無しになるお客さんもかなりいるようです。もったいないですね

まず前提として、女の子を触りながらお酒が飲みたいなら、セクキャバやおっパブと呼ばれるお店に行った方が絶対にいいです

ここならランジェリー的な半裸女性を相手におっぱいを揉んだりベタベタ触りながら、楽しくお酒を飲む事も出来ます

値段的にも今はキャバクラと同程度か、キャバクラより安いくらいのお店も多いので

キャバクラでセクシーな格好をした女性とお酒を飲んでいたら、確かに触りたくなる事もあるでしょう。男なら仕方がありません

キャバ嬢というのはイメージ的にどうしても軽いと思われがちですが、それでも仕事以外では普通の女の子です。恋愛関係にない相手からベタベタ触られれば、いくら仕事でのいい気はしないはずです

やっぱり男性はお酒の席でも絶対に紳士的な行動でいるに限ります

中にはもう割り切っていて、お客さんに触られるくらいなんて事はないと思っているキャバ嬢いるにはいるのですが、それは仕事だから仕方がないと思っているだけであって、お店で知り合ったばかりのよく知らないお客さんに触られて嬉しいわけがありません。顔は笑顔でも嫌な気持ちでその席にいることでしょう

なので、もしあなたにお気に入りのキャバ嬢がいる場合、本当に仲良くなるまではお店ではなるべく体に触るのは我慢しておきましょう

ただ、冗談交じりのボディータッチくらいならご愛嬌で許される場合もあるので、そこはその場の雰囲気で考えていくといいですね

とにかくキャバクラはお酒とキャバ嬢との会話を楽しむ場所であって、ベタベタと女の子を触る場所ではない。女の子を触りながらお酒を飲みたいなら、おっパブやセクキャバ的なお店に行く、もしくは風俗に行く。これは頭に入れておいて欲しいです

ついでに言うと、ベタベタ触るのと同じように、キツめの下ネタや下ネタばかりの会話も、キャバ嬢からすると『キモいお客』の対象です

特に辞めておいた方がいいのが、親しくなる前からやたらとキャバ嬢自身のプライベートのセックス事情を根堀葉掘り聞く事です(こんなお客さんも多いそうです)

キャバ嬢のセックスに関する話題は、確かにキャバクラ好きには堪らない疑問ですが、とりあえず好感度の為にもこのような話題は、ある程度親しくなるまでは我慢しておいた方が賢明ですね

酔ってたから…は通用しない!

キャバクラという場所は綺麗なキャバ嬢と楽しくお酒を飲む場所です

上で書いたような嫌われる態度や言動を出さなかったとしても、節度を持った飲み方をしないと、やはりキャバ嬢には嫌われてしまいます

お酒を飲む場所で『酔ってたから…』という言い訳は通用しません

職場でのストレス発散や仲間と盛り上がりた気持ちは凄く解りますが、酔った勢いでの振る舞いがあまりにも酷いと、キャバ嬢に嫌われるのはもちろんのこと、仕事終わりにキャバ嬢や男性スタッフの愚痴のネタとしてイジられることになるでしょうし、今後そのお店にも行きづらくなるはずです

キャバ嬢は毎日たくさんの酔っ払い客を見ていて、男性のお酒の飲み方が綺麗か醜いか細かくチェックしていますし、それが男としての魅力や恋愛感情に繋がるかの見極めにもなっています

キャバクラはストレス発散の場で楽しむために行くというのはもちろんそうなのですが、キャバ嬢と個人的に親しくなりたいという気持ちが少しでもあるのなら、キャバ嬢がお客さんに対してどのような飲み方を求めているのかをしっかりと理解してあげましょう

まとめ

キャバ嬢に好意を抱いてもらうため、恋愛感情を抱いてもらうために大切なのは、今回書いた嫌われる態度や言動を出さないというのは当然なんですが、やはり男性としてマイナスなのは『この人といても楽しくない』『この人といても私には何のプラスもない』こう思われてしまうことでしょう

ネガティブな発言が多かったり暗い感じの人はこのように思われがちなので、キャバ嬢からはいい印象は持たれません

基本的に女性は、楽しく会話が出来て楽しく過ごせる男性を求めています

マイナスな気持ちがあったり辛いことがあっても、なるべくそれを表に出さず、男らしく振舞う。これもキャバ嬢に好感を持ってもらう重要なポイントだと僕は思います

▼キャバ嬢を口説くための最強教材▼

キャバ嬢を口説くならこれ!

セフレ&ワンナイトラブの相手探しに!

ABOUT ME
もっちー
もっちー
元ホストの店長。その後大型風俗グループの専属スカウトマンに転身。現在は独立してフリーの風俗・キャバクラスカウトマンとして活動中。今まで仕事で接してきた数多くの風俗嬢やキャバ嬢とのイロイロな経験を元にこのサイトを立ち上げる
関連記事
テキストのコピーはできません。