風俗嬢・キャバ嬢

風俗で指名 外れ(地雷)を引かない方法とパネマジに騙されない方法

せっかく風俗に遊びに行くなら、可愛い風俗嬢と楽しい時間を過ごしたいですよね?

しかし、外れ風俗嬢にあたってしまってガッカリした…写真を見て好みの風俗嬢を指名したのに写真と全然違う人が出てきた…

こんな経験、風俗好きの方なら一度や二度はあるはずです

そこでこの記事では風俗での指名の仕組みや、加工や修正された写真につい騙されてしまうパネルマジック(パネマジ)に引っかからないようにするための方法などをお伝えしていきます

▼風俗嬢を惚れさせるプロの手口▼

風俗嬢と付き合いたいならこれ!

風俗 写真(パネル)指名の仕組み

風俗での写真指名は、お店の形態によってそれぞれ異なります

例えば最近の風俗の主流であるホテルヘルスの場合、お気に入りの風俗嬢を本指名しなければ、基本料金の中に写真指名料が含まれているお店が多くなってきています

それ以外の指名料金のかかるお店は、1000円から2000円程度の指名料金がかかります

実は、基本料金に指名料が含まれていないお店の場合、お金を払って写真指名したお客さんと指名をしなかったフリーのお客さんでは、風俗嬢からもお店からも扱いに差が出てしまう場合があります

指名料金は風俗嬢の給料に反映される

お客さんの支払う指名料金は風俗嬢に還元されるわけですが、最近は指名料金全額バックというお店も増えてきています。そうなると風俗嬢は基本の給料に1000円から2000円上積みされる訳です。指名がどんどん増えればバカにならない金額になりますよね

風俗では、指名が増えればお店も評価してくれて、お客さん1人あたりの単価も上がっていきます。なので指名をしてもらえれば単純にお金の面でも風俗嬢は嬉しいのですが、やはり自分を指名してくれたという気持ちに対しても風俗嬢は喜んでくれます。その気持ちに答えようとサービスも頑張ってくれるかもしれません

風俗嬢とお客さんが恋愛に発展するパターンも常連の指名客というのが多いです

しかしこれが指名なしの誰でもいいよのフリーのお客さんの場合…

フリーのお客さんに対するお店側の考え

フリーというのは、指名料金を払わずに『女の子は誰でもいいですよ』というお店任せにすることですね

このようなお客さんに対してお店側がまず考えることは、その日出勤している風俗嬢で当日の稼ぎが少ない子(指名が全くない)や、普段からあまり人気のない稼げていない子などを優先してつけようとしてきます

風俗には『地雷』と呼ばれる外れ風俗嬢がどのお店にいて、そんな地雷風俗嬢はまずフリーのお客さんか、パネルに騙されたお客さんしかつく事はありません

そんな地雷風俗嬢でもお店にとっては頭数として置いておきたいわけで、よほど酷くない限りはお店側から辞めさせることはありません。特に週末の夜などの超忙しい時には貴重な戦力になったりするんですよね…団体客のが多い時などは特に

そんな感じで、せっかく風俗に遊びにいったのに地雷を引いてしまった…ということにならないためにまず大切なのは、指名料金をケチらない、フリーで遊ぶという考えは捨てるということです

風俗ってどんなところ?風俗店の種類やサービス内容を詳しく解説男性なら一度は風俗に行ってみたいという願望はありますよね? でも風俗にはどんなお店があって、どんなサービスがるのか?料金はどれくら...

ただし、フリーでもたまに美味しいことが…

 

これは頻繁にではなく本当に『たまに』ある話なんですが、例えばお店の看板的な人気風俗嬢が、どうしてもお客さんの付きが悪い日があります

天気が悪くてお店自体がかなり暇だったり、常連の本指名のお客さんが都合が悪かったりなど、そういう場合、お店側も少ない稼ぎで人気風俗嬢を帰す訳にもいかなので、フリーのお客さんでも積極的に人気風俗嬢を付けるという事もあります。こういうのに遭遇すればラッキーですね

このパターンは期待の新人が入店してきたときも同じです

お店側が売り出したいと強く思うようなルックス抜群の女性が入店してきた場合、まずお店側が考えるのは、稼げるお店だと思わせてお店を気に入ってもらい、ここで長く働いてもらおう、少しでも多く出勤してもらおうという事です

なので、入店早々お客さんも付かず、稼げないお店だと思われて辞められるのはなんとしても避けたい訳で、最初は意地でも稼がせようとして、フリーのお客さんをバンバンつけたりする事もあります

このようなパターンに当たれば上玉の風俗嬢とフリーで遊ぶことが出来るのでラッキーなんですが、まあこのようなことはそう多くもないので、基本はしっかり指名して自分が納得のいく風俗嬢を指名するべきです

パネルマジック(パネマジ)に騙されない方法

風俗ではお店の受け付けやホームページで風俗嬢の写真(パネル)を見て、自分の好みの風俗嬢を指名することが出来るのですが、写真を見て自分好みの風俗嬢を指名したにも関わらず、なぜか写真と全く違う女性が出てくることがあります

実際は写真と同一人物が来てはいるのですが、写真と実物があまりにもかけ離れているという事、実は風俗では結構あるんですよね…

これは写真を加工修正して見栄えを良くし、お客さんを逃さないようにする作戦で、風俗業界では当たり前のように行われています

風俗業界ではこれを『パネルマジック』通称『パネマジ』と呼んでいます

このパネルマジックを回避するためにはどうすればいいのか?騙されないための写真の見方を紹介します

パネマジ対策その1・ウエスト(w)をチェック!

ホームページの写真やお店で見せてもらうパネルにはほとんどの場合、風俗嬢のスリーサイズが記載されています

その時にまず注目すべきは『ウエスト』です

B・W・HのWですね

風俗嬢のパネル用の写真撮影をする際、わざわざそのためにスリーサイズを測ることはありません

表記されているスリーサイズは基本、風俗嬢の自己申告なんです

で、なぜか昔から風俗ではウエスト57~58センチというのが普通サイズの女性の定番ウエストとして使われることが多いんですね

で、ポッチャリ体型の風俗嬢の場合は60センチと書かれていることが多いです

なので、基本的にはウエスト60センチ、もしくはそれ以上のウエストの場合、まずぽっちゃりや太め体型だと思って間違いありません

写真を見たら細めなのにウエストが60センチ以上の写真があるある場合はパネマジを疑った方がいいでしょう。細身好きの方は、本当にこんなに細いの?ポッチャリじゃないの?と受付に確認した方がいいですね

僕の経験上、62センチを越えるウエストが書かれている風俗嬢は、ぽっちゃりを超えた太めの場合が多いです

今の加工技術は、太い女性を細く見せることは簡単なんですよね…

ちなみに、ぽっちゃり体型の風俗嬢の場合、写真のポーズがお腹を隠すポーズになってることがよくあるので、そこもぽっちゃり回避の見極めとして参考にしてみてください

ぽっちゃり風俗嬢のお腹の隠し方

手で隠す・角度でお腹が見えないようにしている・布やシーツ的なものを持ってお腹付近に被せている・寝そべったポーズ

パネマジ対策その2・顔をじっくりと見る

パネマジのために修正をしている写真は、全体的にぼやかしてごまかしてる場合はわかりやすいのですが、部分的な修正の場合、よく見るとその修正場所の線が歪んでいたりします

輪郭を削って細く見せてる場合は歪みや線のズレは解りやすく、目を大きくしたり口元を変えている場合も良くみると解ります

※輪郭を少し細くするだけでもかなりイメージが変わり、綺麗で細く見えてしまいます

ズレや歪みなどよく見ても解らない場合は、写真がぼやけていないかを判断にしてもいいでしょう

なんとなく写真がぼんやりしてるなーと思ったら修正がかかっている可能性大です

しっかりと顔出ししている写真の場合、基本的に可愛い子は修正箇所は少なく自然な感じの写真が多く、かわいくない子は顔写真に多くの修正を入れていて、ぼやけ気味の写真になっています

パネマジ対策その3・写メ日記などを参考にする

これは行くお店を前もって決めていたり、デリヘルを呼ぶ時に女の子を決める場合の方法なんですが、最近のほとんどの風俗店のホームページには、風俗嬢が個人で書いている写メ日記というのがあります

これは風俗嬢が仕事のことやプライベートな事を書いている簡単な日記みたいなものなんですが、ここに自分でスマホで撮ったプライベートな写真をみんな載せています

写メ日記では、ホームぺジの写真やお店で見るパネルより、かなり実物に近い姿がみれます

もしあなたが指名したいと思う風俗嬢がいて、写メ日記にリアルな写真があれば、ホームページの写真と見比べてみるといいでしょう

地雷を引かないためにはお店選びも大切

失敗しない風俗嬢選びをするためにはパネルの見極めは当然大事なんですが、まず大前提として『優良風俗店を選ぶ』ことが大切です

そこで、優良風俗店を選ぶためのポイントをお伝えします

1・人気の大型優良店に行く

その地域での有名店や、たくさんの系列店のある知名度のあるお店に行けば、在籍数も出勤人数も多く、それだけ選べる風俗嬢の数も増えて選択肢も広がります

また、値段の高い高級店だと風俗嬢の教育も行き届いていますし、採用基準も高く、値段相応の女性を揃えています

有名な高級ソープなどは特にモデルクラスのハイレベルな女性が揃っており、サービスも抜群です

2・長年経営しているお店を選ぶ

風俗業界で生き残っていくのは本当に大変で、5年間生き残るのさえ難しいのが現状です

今の時代、5年間経営し続けようと思えば何かしらお客さんを引き付けるものがなければ難しく、生き残っているお店はリピーターも多くお店にも魅力がある証拠です

なので、ホームページなどを見て、経営年数が長そうな表記があるお店はしっかりしたお店でいい女の子も揃っているという判断材料にもなるでしょう

3・電話対応が悪いお店は避ける

ホームページを見て風俗嬢を指名しようとした時やデリヘルを呼ぼうと電話した際に、態度が悪かったりボソボソ喋るような男性スタッフが電話に出るようなお店も避けたほうがいいですね

僕の経験上、風俗嬢もお客さんも少ない不人気店に限って電話口の男性スタッフには覇気がありませんし、風俗嬢の教育も行き届いていません

男性スタッフをしっかり教育出来ないお店が風俗嬢を教育出来る訳ありませんよね…

逆に、大型店や人気店の男性スタッフは、元気な声でハキハキとした口調で電話に対応していますし、そのようなお店は男性スタッフも風俗嬢もしっかりと教育されています

このような部分でもお店の質というのは解るので、電話対応に不快感を持ったらそのお店は辞めておいた方がいいでしょう

4・ホームページが綺麗なお店・更新頻度の高いお店を選ぶ

風俗店はネットからの集客を物凄く意識していて、ホームページにもお金をかけています

高級店や大型店にはweb専門のスタッフがいて、ホームページのデザインや更新を担当し、日々新しい情報を発信したり風俗嬢の写真をどんどんアップしています

ホームページにはお店の状況を判断するヒントがたくさんあって、やはり人気のお店はデザインもしっかりしていますし、更新頻度も高く、風俗嬢の数も多く質も高いです

逆に不人気店の場合、雑で安っぽいデザインだったり、2・3日更新がないのも当たり前で、風俗嬢の写真も情報もほとんど変更がありません

この両方のホームページを見て、どっちのお店に行くべきかは、説明するまでもありませんよね

注意!クチコミサイトや掲示板は鵜呑みにしないで!

風俗にはイロイロなクチコミサイトがりますし、5ちゃんねるのような掲示板にも風俗店のスレッドがたくさん作られています(風俗嬢個人のスレッドもあります)

お気に入りの風俗嬢や気になるお店などの情報収集でこのようなクチコミサイトや掲示板を利用されることがあるかもしれませんが、このような匿名で利用できる場所の情報はあまり信用しない方いいでしょう

風俗嬢本人が自分の評判をあげるために自作自演で書き込んでることもありますし、嫌いな同僚風俗嬢の文句をお客さんのフリをして書き込んでるという話も聞いたことがあります

またお客さんも、実は凄くサービスもルックスもいいのに、ライバルを少しでも減らそうとわざと悪い評判を書き込む『お気に隠し』ということをする悪質な人もいます

なので、あまりこれらの情報は鵜呑みにしない方がいいですね

参考程度に見るくらいにしておきましょう

まとめ

日本にはたくさんの風俗店がありますが、残念ながらお客さんを騙すような事をする風俗店もいまだにたくさんありますし、地雷と呼ばれるような風俗嬢もたくさんいます

せっかく高いお金を払って風俗に行くわけですから、騙されないように地雷を引かないようになるために、この記事が参考になれば幸いです

▼風俗嬢を惚れさせるプロの手口▼

風俗嬢と付き合いたいならこれ!

セフレ&ワンナイトラブの相手探しに!

ABOUT ME
もっちー
もっちー
元ホストの店長。その後大型風俗グループの専属スカウトマンに転身。現在は独立してフリーの風俗・キャバクラスカウトマンとして活動中。今まで仕事で接してきた数多くの風俗嬢やキャバ嬢とのイロイロな経験を元にこのサイトを立ち上げる
関連記事
テキストのコピーはできません。